remiの直線一気ゴボウぬき

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>


SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ドリコムRSS
CLUB KEIBA
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< マイルCS結果 | main | ジャパンカップ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない
JUGEMテーマ:映画

 今日は勤労感謝の日。
労働の意味を考えるために
「ブラック会社に勤めてるんだが、もう俺は限界かもしれない」を観てきました。
…なーんて、本当は小池徹平くんのファンなので(^^;;


内容は、ニートだった青年がやっと入った会社が、問題ばかりのブラック会社。
そこで奮闘する様子をコミカルやシリアスに描いていますが、
「何故働くのか?」という、誰でも持つ疑問を考える内容でもありました。
ストーリーのテンポもよく、最後まで楽しめましたよ。


小池くんは熱演で、とても良かったです(^^)
今やっているドラマは、かなりつまらない内容なんですが(^^;;
この映画は、一生懸命演技している姿が伝わってきます。
スーツ姿もいいですね〜。
そして、田辺誠一さんが演じる藤田さん!
もう〜「惚れてまうやろーっ!!」とWエンジン並みに叫びたいほど素敵でした!


藤田さんもそうだけど、マ男のお父さんが
「辛かったら、やめていいからな」と言ってくれた時は、
ジーンときました。
ブラックな会社に勤めていたけど、周りの人には恵まれていて、
だから崖っぷちでも頑張れたんだろうな。
(これが限界を感じるきっかけでもあったわけですが…)


私の勤める会社も、昔はかなりブラックだったんですよ。
何度辞めようと思ったか…。
でも、藤田さんのように頼れる先輩がいて、
いろいろフォローしてくれて、今まで勤めることができています。
その当時は辛かったですが、それを乗り切って今の自分があるんだなと思ったり。
だから、その時を思い出して懐かしく感じました。


しかし、この映画以上に辛い状況で働いている人も、
世間にはたくさんいるんですよね…。
自分が普通に働けることに感謝しつつ、明日もまた頑張ろうと、
映画館を出て思ったのでした(^^;。

| 映画 | 19:37 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 19:37 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://remi.jugem.cc/trackback/824
トラックバック