remiの直線一気ゴボウぬき

CALENDAR
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>


SPONSORED LINKS
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
ドリコムRSS
CLUB KEIBA
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS
無料ブログ作成サービス JUGEM
<< エプソムC・CBC賞 | main | マーメイドS >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑PAGE TOP
エプソムC・CBC賞結果
JUGEMテーマ:スポーツ


録画予約をせずに出かけてしまいました…(>_<)
なので、簡単回顧で。

【エプソムC】

道中は16番人気ソーユアフロストが先手を取る展開。1番人気ヒカルオオゾラらが先団を形成し、サンライズマックス、2番人気ファストロック、3番人気トーホウアランらは中団でレースを進めた。4コーナーでヒカルオオゾラが先頭に立ち、そのまま粘りこみを図ったが、ゴール直前でサンライズマックスが強襲。結局3/4馬身差で競り勝った。3着には12番人気グラスボンバーが入線。トーホウアランは7着、ファストロックは9着に敗れている。


1着 12番サンライズマックス(横山典弘騎手)
「区切りに完璧なタイミングで勝てて良かったですね。返し馬からステイゴールドの仔らしく切れ味を感じさせるフットワークでしたから、できるだけ我慢しようと思っていました。スタートさえ出ればヒカルオオゾラやトーホウアランを見る形で行こうと思っていたんですが、いい形で行けましたね。直線でヒカルオオゾラに離されて、アラッと思ったんですが、そこからよく伸びてくれました。まだ若いですし、この後また強くなりそうですね」

2着 7番ヒカルオオゾラ(武豊騎手)
「この馬はこんなにゆったりした流れが初めてなので、かかってしまいました。それに2コーナーで他の馬に接触して怒ってしまったんですよね。乗り味のいい馬ですし、今後走ってきそうですね。距離も問題ありませんでした」

3着 17番グラスボンバー(勝浦正樹騎手)
「左回りだとどうしても内にモタれてしまうんです。それがなければ……。3コーナーぐらいから始まって、直線もずっとモタれ通しでした。終いの脚がないので、これぐらい上がりがかかってくれればやれる馬ですよ。馬場も問題ありませんでした。8歳ですが、まだまだ馬は若いです。あのモタれがなかったら……悔しいです」

1着 サンライズマックス ×
2着 ヒカルオオゾラ ◎
3着 グラスボンバー 無印

ヒカルオオゾラは、距離は問題ないと言っているけど、
やっぱりベストはマイルなんでしょうねえ…。

【CBC賞】

道中は7番人気ウエスタンビーナスが先頭、スリープレスナイトが2番手につける展開。2番人気スピニングノアール、3番人気ワイルドシャウトらは中団から、1番人気トウショウカレッジは後方からレースを進めた。直線に入るとスリープレスナイトが抜け出し、独走態勢に。ゴール前でスピニングノアールが差を詰めたものの、そのまま先頭でゴールした。3着には12番人気テイエムアクションが入線。トウショウカレッジは9着、ワイルドシャウトは17着に敗れている。


1着 2番スリープレスナイト(上村洋行騎手)
「(久々の重賞制覇について)だいぶ遠ざかっていましたから、嬉しいですね。突き放す手応えでしたが、ゴールまで必死に追いました。返し馬の感じからも、芝は全然気にしていなかったし、むしろ良さそうに感じました。馬の力を信用して乗りましたけど、この後はこの馬と一緒に大きなところを狙っていきたいと思っています」
(橋口弘次郎調教師)
「本当に強かったですね。ダートのときより全然手応えがいいんですから。この後はスプリント路線を歩みますけど、カノヤザクラやペールギュントもいますし、秋にはダノンゴーゴーも加わりますよ」

2着 5番スピニングノアール(福永祐一騎手)
「ペースが思ったほど速くならなかったですね。内からゴチャついたところを上手く捌けて、ロスなくいいところを通ることができました。でも勝ち馬が楽をしていましたからね。よく頑張っています」

3着 15番テイエムアクション(和田竜二騎手)
「デキが良くて、これならと思っていましたが、外を回されましたからね。スムーズだったらもっとやれていましたよ。スピードも通用しましたし、展開ひとつでもっとやれると思います」

4着 3番ウエスタンビーナス(郷原洋司騎手)
「どちらかというと右回りの方がいい馬。右にモタれていましたけど、よく頑張っています」

5着 10番カノヤザクラ(藤岡佑介騎手)
「スタートはそう速くないので出していったら、ちょっとかかり気味になってしまいましたね。でも馬の動きは良くて、内から鋭く伸びていました。スムーズならもっと走っていましたよ。夏に向けて復調してきました」
(橋口弘次郎調教師)
「よく頑張ってくれましたけど、この馬はもう少し直線の長いコースの方がいいかもしれませんね」

1着 スリープレスナイト ▲
2着 スピニングノアール ◎
3着 テイエムアクション 無印

毎年難しいレースです…。
| 競馬結果・回顧 | 22:15 | comments(0) | trackbacks(2) | ↑PAGE TOP
スポンサーサイト
| - | 22:15 | - | - | ↑PAGE TOP
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://remi.jugem.cc/trackback/763
トラックバック
エプソムカップ・CBC賞回顧
JUGEMテーマ:競馬 エプソムカップ(GIII)・結果 1着 6枠12番 サンライズマックス 横山典 2着 4枠07番 ヒカルオオゾラ   武豊 3着 8枠17番 グラスボンバー   勝浦 ヒカルオオゾラが2着を確保してくれたわけですが、コラムネタから 出たナリタ
| 理のミスディレクション | 2008/06/17 12:02 AM |
アメックス プラチナ
アメックスの審査やアメックス・プラチナの入会について。 ブラックカードについても。
| アメックス プラチナ | 2010/01/19 11:39 AM |